行けば大コーフン間違いなしの『ミュシャ展』(~6/5、国立新美術館)。なのですが! これからお出かけの方、必ず、忘れることなく、絶対に単眼鏡か双眼鏡をお持ちください。超大作 『スラヴ叙事詩』を隅々まで味わえないのは、あまりにももったいない! 
一般に、美術鑑賞用の単眼鏡は手ブレの影響が小さい4~6倍が主流ですが、細部を見たい私は8倍派。左の池田レンズ工業の「ギャラリースコープ」は、30cmからピントが合うのでケース展示含めてマルチに活躍。右のライカ「モノビット」はピントが合うのは1.8mから。こちらは視界が明るくクリアなので、暗くて遠い仏像や襖絵の鑑賞用にしています。ご参考まで。(編集B)
#ミュシャ展 #スラヴ叙事詩 #mucha #国立新美術館 #アート #単眼鏡 #美術展
205 likes
  • eclat.magazine行けば大コーフン間違いなしの『ミュシャ展』(~6/5、国立新美術館)。なのですが! これからお出かけの方、必ず、忘れることなく、絶対に単眼鏡か双眼鏡をお持ちください。超大作 『スラヴ叙事詩』を隅々まで味わえないのは、あまりにももったいない!
    一般に、美術鑑賞用の単眼鏡は手ブレの影響が小さい4~6倍が主流ですが、細部を見たい私は8倍派。左の池田レンズ工業の「ギャラリースコープ」は、30cmからピントが合うのでケース展示含めてマルチに活躍。右のライカ「モノビット」はピントが合うのは1.8mから。こちらは視界が明るくクリアなので、暗くて遠い仏像や襖絵の鑑賞用にしています。ご参考まで。(編集B)
    #ミュシャ展 #スラヴ叙事詩 #mucha #国立新美術館 #アート #単眼鏡 #美術展

  • maagagaなるほど!いつも双眼鏡引っ張り出して見てたので貴重な情報有難うございます!ミュシャ展はまだ2回は見たいと思ってます。
Log in to like or comment.