先週の土曜日で2つのしごとゼミが終わりました。「こんなに深く考えたことがなかった」とか「仕事に活かしたい」というような感想をいただけてよかったです。

こちらも頭をたくさん使いましたし、大変なことだったけれども、ぼく自身も大変勉強になりました。

文章で生きるゼミでは、文章の書き方についてあらためて考えさせられました。よくスタッフには、求人の原稿を書くときに、まずは伝えたいと思うことをひとつに絞ろうと話します。そのひとつのことをしっかり相手に届けられるような文章にしようと。

ただ、もっと正確に言うならば、ひとつのこととはひとつの答えではなくて、ひとつの問いを届けられるような文章を書くのが理想です。

そんなことをぼんやりと考えながら、疲れてぼんやりした頭をリトルトーキョーのカウンター席の奥に座って冷やしていると、テレビではボブディランの特集。「ライク・ア・ローリング・ストーン」にもいろんな解釈ができるという内容だった。

答えがあるものはわかりやすい。けれどもつまらない。答えを導くことこそ、生きる面白さだと思います。答えを示して、それを奪ってはいけない。日本仕事百貨もそうやっていろんな生き方・働き方を紹介していきたいです。(ナカムラケンタ)
51 likes
  • shigoto100先週の土曜日で2つのしごとゼミが終わりました。「こんなに深く考えたことがなかった」とか「仕事に活かしたい」というような感想をいただけてよかったです。

    こちらも頭をたくさん使いましたし、大変なことだったけれども、ぼく自身も大変勉強になりました。

    文章で生きるゼミでは、文章の書き方についてあらためて考えさせられました。よくスタッフには、求人の原稿を書くときに、まずは伝えたいと思うことをひとつに絞ろうと話します。そのひとつのことをしっかり相手に届けられるような文章にしようと。

    ただ、もっと正確に言うならば、ひとつのこととはひとつの答えではなくて、ひとつの問いを届けられるような文章を書くのが理想です。

    そんなことをぼんやりと考えながら、疲れてぼんやりした頭をリトルトーキョーのカウンター席の奥に座って冷やしていると、テレビではボブディランの特集。「ライク・ア・ローリング・ストーン」にもいろんな解釈ができるという内容だった。

    答えがあるものはわかりやすい。けれどもつまらない。答えを導くことこそ、生きる面白さだと思います。答えを示して、それを奪ってはいけない。日本仕事百貨もそうやっていろんな生き方・働き方を紹介していきたいです。(ナカムラケンタ)

Log in to like or comment.