2016年、20冊目。
『働く女子の運命』濱口桂一郎

たまには真面目な本を。
大学院生という温室を抜け出して社会人になって、それなりに仕事は楽しいけれど、
この働き方でどうやって結婚するんだろう?結婚したとして子ども産む暇あるのか…?という漠然とした不安とか疑問とか。
自分の母親をイメージしても、二世帯住宅でいつも母と姑である祖母がぶつかり合っていたことしか思い出せなくて。

キャリア志向の女性ほどドロップアウトしてしまいやすい構造というのに納得…しつつも、このままどんな社会になるべきなのか答えも考えていかないといけないとも思った。

#books #ゆか読書
  • yukacharico2016年、20冊目。
    『働く女子の運命』濱口桂一郎

    たまには真面目な本を。
    大学院生という温室を抜け出して社会人になって、それなりに仕事は楽しいけれど、
    この働き方でどうやって結婚するんだろう?結婚したとして子ども産む暇あるのか…?という漠然とした不安とか疑問とか。
    自分の母親をイメージしても、二世帯住宅でいつも母と姑である祖母がぶつかり合っていたことしか思い出せなくて。

    キャリア志向の女性ほどドロップアウトしてしまいやすい構造というのに納得…しつつも、このままどんな社会になるべきなのか答えも考えていかないといけないとも思った。

    #books #ゆか読書

  • yukacharico@chees_o1117 ちきりんさんの本はちょっと気になってた!この機に読んでみようかなぁ。
Log in to like or comment.